FC2ブログ

レオのそれから

大騒ぎした馬尾症候群

判定は白。

本猫は丸一日揺られて、車で🚘
病院に連れていかれ、
心電図、レントゲン、血液検査

尿検査

全身麻酔でCTとMRIなど。
ぐったり。
人間もぐったり。

家を出たのが7時半
帰宅したのが20時





結果は神経痛のようなものらしい。

人間も猫も歳をとると色々あるね。
もう手術などしないで、
穏やかに、過ごせればよいよね。

スポンサーサイト

馬尾症候群



4/10夕方より元気はあるものの、

歩き方がおかしい。

尻尾がダラリと垂れ下がったまま歩行

ネットで調べると馬尾症候群の疑い

4/11
かかりつけの病院にてレントゲン

やはり馬尾と診断だが、確定できず
MRIで確定になるらしい。
動物病院のMRIの設備が
限られたところにしかないと
初めて知る。

断定した後の、対応は
痛み止めやステロイドなどの
内科治療 内科治療は
完治はできないらしい

後は外科的処置。
高齢のためリスクあり。

でも初期で手術しないと麻痺に
なるらしい。

一応大学病院の手術日
4/18と予約。
でも家から車でスムーズに進んで1時間

電車だと2時間。
どのぐらいの期間の入院かわからないけど、
会えない期間が長いと心が折れる。

それにペーパーな私。
人に頼れなければ電車。
往復4時間(°▽°)


費用は大体 50万( ̄∀ ̄)

はぁーこれも心折れる。

近場にないか、模索中


検査結果



長かった1週間。

カラーをつけた生活にも少し慣れ、おかげさまで少しの減量にも成功。

悪性腫瘍ではなかった。

一年の締めくくり、ホッとした。

頑張ったね。


マル検査の為、部位切除

はあー疲れた。

今回は悪魔でも病理検査の為採取




半日預けてまた、迎えに行って。

普段引きこもり生活者には堪える


来週の結果待ち





お疲れ様。
マルちゃん

マルのシコリ



今年の初夏に右後ろ付け根にコリっと
したシコリが見つかり、その後経過観察
で既に半年が経過。

初の問診ではワクチン接種による、肉腫
かもしれない(いわゆる悪性の腫瘍)と
言われ戦々恐々。
ただ部位に針を刺し細胞検査では特段様子見る
ということ、平気そうとの事で1ヶ月に再診。
肉腫の場合はあっという間にシコリが大きく
なると言われたのですか、大きさ変化なく、
更に1ヶ月後これまた、変化なし。

そして、3ヶ月後の11月中に再度細胞検査。
これまた、問題なし。
でも、ここまでずっと残るのは他の原因の
可能性もあるかも知れないし、更にやはり
肉腫の可能性は依然として捨てきれず。





それで、針を刺しての検査から、広範囲の掘削
をして検査をする事に。
局所麻酔のみ。
本猫興奮状態にもよるけど、場合によっては
全身麻酔。

様子を経過観察も勿論ありらしいけど、
もし肉腫なら、発症して余命1年。

既に半年経過してる。
でも、マルの様子見る限り、痩せてもなく、
逆に何だか体重増えてるし。
重病ではないと思ってるけど、検査で
スッキリして新年迎える予定
プロフィール

くおん

Author:くおん
子供の居ない夫婦と子供以上の4ニャンとの毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード